トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(犬) > アーフェン・ピンシャー 詳細情報

アーフェン・ピンシャー

Affenpins cher
小型犬
第2グループ
 
ピンシャー、シュナウザー、モロシアン・タイプ&スイスキャトルドッグ(番犬)
ドイツ
25~30cm
25~30cm
3~6kg
3~6kg

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
134_ext_16_0.jpg

甘えん坊で鈴を転がすようなきれいな鳴き声がとっても魅力的

お店にいるこの種類をさがす
note_history_txt.jpg note_chara_txt.jpg

アーフェンピンシャーの生まれはドイツで、17世紀にはヨーロッパ中で知られていた。この犬はブリュッセル・グリフォンの祖先だと主張する人がいるが、具体的な根拠はほとんどない。しかし、この両犬種は多くの点で似ているので、ある程度関係があると考えられている。この犬は王族に多くの崇拝者をもっていた。

大きなブラックの眼、口髭、顎のふさ毛などがサルに似ている。前頭部はやや短く、顎はややアンダー・ショット。尾は断尾し、耳は断耳することもある。粗くかたいコートは、胴部は短く、頭部や四肢は長め。

note_color_txt.jpg note_care_txt.jpg

毛色はブラックが望ましいが、タン、レッド、グレー、またはほかの色が混じったブラックは許される。とても薄い色や、ホワイトのマーキングはショーでは失格。

独特のコートの手触りを保つために、ハンドトリミングが必要。ペットタイプの場合、クリッピングは許されるが、かたい手触りが損なわれてしまう。ブラッシングは週に2~3回。

note_kind_txt.jpg note_activ_txt.jpg

ふざけることが大好きで、非常に愛情深い。とても頭がよく、訓練は楽にできる。意外と番犬にも向いている。

リードをつけて1日に1~2回散歩させるか、安全な場所で自由に走らせる。雨の日や寒い日には、戸外の運動は避ける。

印刷用画面を表示