トップ > ペット図書館 > アニマル図鑑(猫) > ロングヘアスコティッシュフォールド 詳細情報

ロングヘアスコティッシュフォールド

Longhair Scottish Fold
セミコビー
アメリカ
前方に折れ、下向きに垂れた耳。目はまん丸。体型は全体的に丸く、短い首で大きな頭を支えている。被毛以外はスコティッシュフォールドに準ずる。
セミロングの長毛種
カラーはポインテッドを除きすべて公認。被毛は密生していて豊かで滑らかな手触り。

体の大きさは体重・体高をもとに分類しており、
あくまでも目安としてご理解ください。

目次へ戻る
24496_ext_09_0.jpg

「オリジナルよりも愛らしい?ロングヘアスコティッシュフォールド」 色:クリームマッカレルタビー&ホワイト

お店にいるこの種類をさがす
note_kind_txt.jpg note_kaisetsu_txt.jpg

お行儀よく落ちついた性格で、人にもよくなれる。大人になってもおどけた仕草で飼い主を楽しませてくれるだろう。

猫なのに三角耳は垂れている。漫画のキャラクターのようにおちゃめなスコティッシュフォールドは、1961年、スコットランドで生まれた猫からこの名がついた。フォールドは英語で“折りたたむ”という意味。誕生の地イギリスよりも、アメリカで人気のスコティッシュフォールドは、交配相手もペルシャバーミーズなどさまざまな品種が選ばれ、結果、ごくまれに長毛の子猫が生まれるようになった。被毛はペルシャなどと違いアンダーコートが少なく、体にそってねている。首まわりにはラフがある。数も少なく、何もかもがこれからの猫である。

印刷用画面を表示