トップ > ペット図書館 > 育て方ガイド(犬) > 子犬によい環境を作りましょう!

子犬の育て方

子犬によい環境を作りましょう!

子犬は体温調節がうまくできません。とくに幼い子犬にとって、夏の暑さ、冬の寒さは体調を崩す大きな原因になります。
一般的に1日のうちで7℃以上温度差のある場所(とくに日中、日当たりのいい部屋や階段のそばなど、風通しのよい場所)は子犬によくないといわれています。室温が約25℃前後の適温に保てるようエアコンをつけるなど、温度変化の少ない場所にハウスを置くなどして、子犬への負担を減らしましょう。湿度は40~60%が最適です。ただし、温度や湿度だけに頼るのではなく、ワンちゃんの様子をしっかりと観察して調整してください。

夏のポイント
夏はクールマットなどの冷却グッズをサークルの中に入れてあげるのもよいでしょう。
また、ワンちゃんだけでお留守番をさせる場合には、必ずサークルなどに入れ、熱中症などの事故がないように、エアコンや扇風機、換気扇などをセットして出かけてください。梅雨時などはジメジメして皮膚が弱くなりがちなので、普段よりも注意しながらブラッシングなどをして衛生的に保ちます。除湿機を使うことも有効です。
閉めきった部屋や車の中に留守番させる。
エアコンの風が直接当たる 場所にサークルを置く。
食べ残しのフードを置きっぱなしにする。(食中毒の原因)
冬のポイント
冬の寒さはワンちゃんにとってとても厳しいものです。とくに10月~6月の夜間は、室内温度よりも接触温度に気を配った保温を心がけましょう。ペット用ヒーターをサークルなどの中や、ベッドに入れてあげるのもよい方法です。
ただし、冬は乾燥しやすいので、暖かくしてあげるのと同時に湿度の調整も忘れてはいけません。加湿器を使うのも有効です。また、とくに短毛種のワンちゃんは寒さに弱く、風邪を引いたり、下痢をしたりする場合がありますので注意が必要です
MEMO 夏の冷却グッズ、冬の保温ヒーターなどの使用時には、必ずワンちゃんの逃げ場を作ってあげましょう。
目次へ戻る