子犬の育て方

しつけについて
トイレのしつけ

ワンちゃんと楽しく暮らしていくためには、トイレのしつけはとくに大切です。
ネコちゃんと違って子犬はトイレを自分から覚えることはしません。
ご家庭では、きちんとしたトイレ教育を行いましょう。
赤ちゃんの頃から使い慣れていたトイレシートを使うことも有効です。

ワンちゃん専用のお部屋の中では

トイレトレーは必ずワンちゃんの体の大きさに合うものにします。
トイレが小さいと体がはみ出てしまい、自分ではトイレの上でしているつもりでも実際はできていないことになってしまいます。
また、トイレと間違えやすいような物も入れないようにしましょう。
後は、成功したときに、どれだけワンちゃんをほめられるかにかかっています。

ワンちゃん専用のお部屋から出られるようになったら
家の中でトイレの場所を決めたら、サークル内で使っていた物と同じトイレを使って、失敗をさせないように、飼い主様が見ていられるときだけワンちゃん専用のお部屋から出してあげましょう。失敗のほとんどは飼い主様が見ていないときに起こるものです。子犬が排泄するタイミングは大きく分けて次の3つがあります。
睡眠から目覚めたとき
(動きはじめたとき)
食事や水を飲んだ後
(腸が動きはじめたとき)
運動して興奮した後
ワンちゃんがニオイを嗅ぎ回ったり、ウロウロしはじめたりしたら、排泄のサイン。
すかさずトイレに連れて行き、うまくトイレができたらオーバーなほどほめてあげましょう。
トイレを失敗してしまったときのしつけ方は?
まずは絶対に怒らないことです。怒ってもワンちゃんたちには伝わりません。
ワンちゃんは飼い主様が遊んでくれているものだと思ってしまう可能性もあります。
逆に怖くなってしまい飼い主様の前では排泄しないようになってしまうと、トレーニングができなくなってしまいます。とにかく失敗してもあわてず騒がず静かに片付けること。そしてワンちゃんがどこで排泄をすると楽しくて、どこで排泄をするとつまらないのかを、わかりやすく伝えるようにしてあげてください。人の赤ちゃんと一緒で、どこに排泄すればいいかわからないわけですから、お父さん、お母さんである飼い主様自身が失敗をさせない努力をしてあげる必要があります。 また、トイレのしつけ剤などを使ってトレーニングするのも効果的な方法です。
トイレのしつけは愛情と忍耐が何よりも大切なことを覚えておいてください。
名前を呼んで怒る
軽くおしおきをする
目を見つめ、怒った顔をする
食糞行動について
ワンちゃんの中には、まれに子犬のときに自分のウンチを食べてしまうことがあります。ワンちゃんがウンチを食べてしまったとき、飼い主様は大変驚かれると思います。しかし、ワンちゃんだけでなく、動物の行為としてウンチを食べる動物は多く存在し、本能に根ざした行動だといわれています。

食糞行動の主な原因

1 食事の量が少ない
2 食事の量が多い
3 暇だから(ストレス解消)
4 飼い主様にかまってもらいたいから
5 飼い主様から叱られたから

成犬になると見られなくなることがほとんどですが、お困りの際はスタッフまでご相談ください。
しつけが大切な理由
子犬のときからワンちゃんを自由にさせてしまうと、成犬になってからが大変。
家族はもちろん、まわりにまで迷惑をかけてしまう場合が数多くあります。
世の中にはワンちゃんのことがあまり好きではないかたもいます。
また、住宅事情次第では、ちょっと吠えただけでも近所迷惑といわれてしまうかもしれません。
飼い主様にも、ご近所のかたにも愛されるようなワンちゃんになってもらうには、しつけはとても大切なことです。今後もワンちゃんの数が増えていけば、必然的に法律なども厳しくなることでしょう。
しつけは毎日一緒に暮らす飼い主様しかできません。そして1日や2日ではよい子にはならないことも忘れないでください。
見過ごしてはいけないチェックポイント
噛み癖
他人やほかの
ワンちゃんに吠える
人に飛びつく
リードを引っ張る
目次へ戻る